FC2ブログ
   
06
2
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

色遊び

木曜日に道の駅で見つけた不思議な物。。。。よく分かってないんですけど買って来ました。
190615-1.jpg
何でもハーブティーのような物なんだとか。。。。
しかも、マロウってもしかして・・・アロマとちゃうかぁ~。。。。
と、勝手に思ってしまった。。。。
家に戻ってアロマの本を開くと・・・・なななんと・・・・ヤロウだったんです。
全くアロマじゃなかったんです。
しかし、お楽しみがあるんです。
190615-2.jpg
マロウは、ドライフラワーなんです。
これを水出しでもこんなに奇麗な青色となります。

190615-3.jpg
レモン汁をポタポタ。。。。
あっ・・・、一瞬、奇麗なピンク色に変色したのに、退色してしまった。

190615-4.jpg
もう一度、やってみたんです。
レモン汁の量をほんの少量にして・・・。
やったぁ~写真撮れた。^^

飲んでみたんです。
味も素っ気も無い。
まるで、水にインクを落としたような色水だったんです。
甘くして飲むのも、出来るだけ避けたいんです。
どうしよう。。。。。
好奇心から買って来たものの・・・。困ってしまいました。

では、またね。
スポンサーサイト

キクラゲ

6月11日、退院の朝、朝食を済ませ、主人が来るのを待ってる間、テレビを見てました。
料理番組です。
キクラゲは、黒、白、茶色の3種類あってそれぞれ少し効能が違うんだとか。。。
我が家にストックしてあるのは、黒いキクラゲ。。。。
食感が好きです。しかし、八宝菜やなますに使う以外メニューは、知りませんでした。
今回、木耳の料理がいくつか紹介されてたのですが、気になったのは、これです。
そうそ・・・、キクラゲは、食物繊維が豊富で便秘に良いんだそうです。そして美肌にも効果あるんだそうですよ。
なので食べたくなりました。

キクラゲは、殆ど乾物ですよね。
それを上手に戻す方法がるんだそうです。
時間がたっぷりあって準備し忘れない時は、プロの技として、冷たい水に漬けて5時間ほど冷蔵庫に入れておくとプリプリになるんだそうです。
ぬるま湯で戻すのは、良くないんだとか・・・。均一に戻らないんだそうです。
しかし、テレビでは、早く戻したい時は、ぬるま湯を使うんだそうです。
ぬるま湯に砂糖と炭酸水を入れると30分で戻るんだそうですよ。
私は、朝、水に漬ける方出良いかな。^^
戻したキクラゲを全部使いきれない時は、保存用の袋に入れて、キクラゲの戻し水も少し入れて冷蔵庫に保存すれば、2~3日は、大丈夫らしいんです。

今回の料理・・・お腹が空き過ぎて慌てて作ったのでキクラゲを大きく切ってしまい、ちょっと食べにくかった。
でも、美味しかったです。
190613-7.jpg
キクラゲをこんなに食べた事無い。。。。低カロリーだし、美容にも良いって事で。。。^^
<材料>
キクラゲ、きゅうり、卵、ネギ
調味料・・(酢、砂糖、醤油、オイスターソース、鶏がらスープ、水、片栗粉)、ごま油

<作り方>
キクラゲを水で戻す。きゅうりは、乱切り、
フライパンにごま油を入れて、きゅうりとキクラゲを入れて炒める。
火が通うたら、卵をほぐしてかき混ぜる。
卵が固まらないうちに、合わせ調味料をかけて卵がフンワリしたらネギを振りかけ、ひと回ししたら出来上がり。
ピリリッと辛味が欲しい時は、豆板醤、XOジャン、キムチの素などお好きな調味料を足してね。

フワトロ卵が美味しかったです。酸味が程よく利いて食欲が減る夏場にも良いかもよ。。。。
小エビなど加えたら違ったプリプリ感が楽しめそう~~。

キクラゲの料理としては、五目飯も美味しそうでした。

では、またね。

100%迷った

私の治療のご褒美に天気が良い事もあって全く行った事のない所へ行って来ました。
紫陽花が咲いてると思って出かけたのです。
能勢の山奥にあるらしいんです。
朝から車で出かけたまでは、良いんです。
栗を毎年秋に買いに行く道の駅より、更に奥へ走らせるとあるらしい・・・と不確かな主人のアホナビ。。。
もう一度、確かめてから出かけたらって言ったのに、迷い迷って1時間も余分に走って。
カーナビを使えない私達は、主人の勘に頼るしかないんです。
途中、コンビニや郵便局もあったのに尋ねようとは、しない主人。私が道を尋ねたって、わかんないんだし。。。
190613-1.jpg
緑の中を走り抜けてく真っ青な車。。。(緑の中を走り抜けてく真っ赤なポルシェ・・・🎶)
何回も止まってスマホやカーナビで確認。。。間違ったあっちだぁ~。
この言葉何回出てきた事か。

190613-2.jpg
これもお遊びを思えばストレスも溜まらない。
ほんのひと時ですが田舎の風景を堪能して深呼吸^^。

190613-3.jpg
やっとたどり着いたここが紫陽花50000本あるという所、細い山道を曲がりくねりながらやっとたどり着いたのです。。。
ですが、肝心の紫陽花は、早かったようです。
がっくり。。。。ボヨヨ~ン

190613-4.jpg
駐車場からプチ山登りして山頂です。
ここは、蝶々が群がるように飛んでました。クマンバチのいてドロンが傍にいるような羽音が聞こえてきます。
燕だって、沢山飛んでました。
自然豊かなところ。。。

あぁぁ・・・・それにしても折角のお天気が無駄になったようで悔しいわ。
帰りしな、道の駅によって、思わぬものを見つけて帰ってきましたよ。

では、またね。

ご褒美

今回のステントを入れる手術は、正直、辛かったです。
血管がもう少し太かったら楽だったかもしれません。
さて、一夜明けて今日の私、少し体調の変化がありました。
まず、朝起きて、湯呑一杯の麦茶が美味しい。。。と言うか、今までだったらごくごく飲むと息が少し苦しかったんです。
それが、何故だかありません。本当にあのステントのお陰でしょうか?
たまに計る血圧が見事に正常値となりました。これって、良い事ですよね。それともどうなんでしょう。

それから、裏の紫陽花が沢山咲いたのでリビングに飾ってみました。
190612-1.jpg
去年より大きく咲いたような気がします。
この紫陽花は、根元にピーパパが眠っています。
つまり、年に1度こうしてリビングに遊びにやって来るって思ってます。^^

フフウン・・・。今回何かご褒美が欲しいとおねだりしましたよ。
手短に映画を観てきました。
190612-2.jpg
ゴジラです。
随分前に見たゴジラと違って、アメリカ産は、サービス精神旺盛とでも言いましょうか、ど派手でした。
モスラー、キングギドラ、ラドン、ゴジラが入り混じって戦うのですが。。。。
内容は、兎も角として、ゴジラを見ると嬉しくなっちゃった。

映画を観て、次のデートコースは、我が街の小さなお城がある公園に白百合を見てきましたよ。
190612-3.jpg
満開です。
ここで、鶯が鳴いてたので動画を撮ってたら、主人が・‥「ホーホゲキョ」と鳴いたんです。
あぁぁ~、台無しです。アホなおっさん。その後、鶯は、鳴いてくれなかったんです。

190612-4.jpg
気を取り直して、白百合を見ましょう。
奇麗に咲き揃ったばかりなのか、萎れている花は、ありません。
甘い香りは、薄くもう少し先で香ってくるんでしょうね。

190612-5.jpg
白百合だけのオンパレードです。

190612-6.jpg
池の鯉が美味しそうにみえるのか、猫ちゃんがガン見。。。。

190612-7.jpg
ほれ、この通り、小さなお城でした。
明日も晴れるようなので紫陽花を見に行く予定です。
何回も言うようですが、怖かった分、楽しみも今のうち。。。

では、またね。

1泊2日

1泊2日って何を連想されたでしょうか?
昨日の朝から病院へ。。。。
此間したカテーテルの検査の結果、細くなった心臓の動脈を広げてステントを入れる手術をしてきました。
初めに通された病室が個室でビックリ。。。
私、贅沢してお金使いたくない。。。
そうじゃなくて、病室が空いて無くて個室になったんだそうです。
個室に入っても大部屋と同じって事でラッキー!!
ラッキーだったのは、ここまでです。
血圧は、上がってドキドキするし、刑の執行を待つような気分。
カテーテル治療してくださる先生は、此間の先生なので心配してないんだけどね。

ここから、生々しい話も出てくるので、怖い人は、読まないでくださいね。
カテーテルの部屋に車いすで連れられ。。。
手術用の細いベットに寝ます。
まずは、血圧計を取り付け、左手首を消毒し、手首を麻酔注射して、これから始まります。
針を刺した瞬間、サァッと温かい物を感じました。たぶん、出血です。
その後、カテーテルが入る準備してるんだと思うのですが、麻酔を追加して貰っても息が詰まるほど痛い。。。
そして、先生の一言、血管が破れそうか?と尋ねるんです。
私は、血管が裂ける経験した事がないので痛いとしか言えません。
無理は、禁物って事で、今度は、採血する場所から動脈を探し、麻酔をして再度、針が刺さりました。
やっぱり、温かい液体が流れるのが分かりました。
その後、痛みも無く順調に心臓まで届いたようです。
ここからがまた大変だったようです。
狭くなった血管が石灰化して上手く広がらないようです。
周りの先生のアドバイスも参考にしながら治療が進んでいるようです。
聞こえる言葉の意味は、分かりませんが、コカインください、とか、広がったとか、ステントくださいって言葉が出たので無事成功したようです。
今回は、血管2か所も痛い思いして私もクタクタでした。
私って血管が細いようです。

術後、ICUで経過観察です。血圧計ったり、圧迫止血してる圧力調整など30分置きに先生や看護師が診に来てくれました。
夜、9時頃だったか、ICUから個室へと落ち着きました。
そこで、また圧迫止血の圧力を減らしてくれたのですが・・・・きゃ~怖い、いきなり温かい液体が。。。。
またもや出血したようなんです。
圧力をもう一度上げて無事止血完了。
怖いよな。。。。もうこんな治療は、御免やわ。。。。
朝方まで点滴が続き、圧迫止血のバンドも無事とれて、やっと自由の身になりました。
あぁ・・・私って、こんな怖い治療する羽目になり辛いわ。。。
あの世に呼ばれるまで何回、怖い治療するのかしら。。。お願いだから手術は、これっきりにしてほしい。
延命治療して痛い苦しい思いは、したくありません。
いつか、日本でも安楽死が認められたらいいのにと思う次第です。

では、またね。














プロフィール

ピーちゃんこ

Author:ピーちゃんこ
FC2ブログへようこそ!初めてブログを作成しました。わくわくどきどきしています。私の粘土細工はいろんな材料を使いますので、粘土細工とは言えないかもしれません。ですが、どうか私のブログに遊びに来てくださったら、コメントくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR