07
10
20
21
29
30
31
   

手作りお雛様

もう、2年前のお話しです。手芸店にお雛様の折り紙のキットが売られていました。見てひと目で買って来たんです。出来上がりは、素晴らしいのですが、いざ・・・作ろうと思うと、面倒だし、億劫になっていました。
次女に見せたら、作る気満々で一緒に作る事なったんです。もうね、凄い数を作りました。9組程作ったんですよ。作る度に手早く綺麗に作れます。随分人にあげました。
私は、ほんのお手伝いしていただけです。1mmの狂いがあると綺麗に出来ない部分もあって、独りでは、絶対に無理でした。今だと・・・・もう作る気力もないね。では、見てね。
150219-10.jpg
全部、手作りです。屏風は、カレンダーを切り抜いて厚紙貼ってます。冠も紙、ビーズ、ワイヤーで作りました。菱餅は、粘土。。。ぼんぼりさんは、爪楊枝に紙巻いて・・・・。
では、見てください。
150219-11.jpg
袖の膨らみが最初難しかった。そして、お顔が繊細な折り方でないとブサイクになります。

150219-12.jpg
扇子でどれだけ顔を隠すかで上品さが決まります。頭の飾りも小さくて簡単な形にしました。

150219-13.jpg
雪洞さんと桜です。桜は、モールを使っています。

150219-14.jpg
粘土で作った菱餅とお皿です。

150219-15.jpg
冠みてよ。どうしても欲しくて、自分で考えて作りました。目が疲れたし、もう年ね、細かい作業が大変でした。ただただ欲しかったので作りました。

150219-16.jpg
これは、六角形の箱に収まるように作りました。下の台にすっぽりハマるように作りました。面白いでしょう。綿棒人形ですよ。
まだまだ、手作りお雛様があるんですが・・・・。他にも、旅行先で買ったミニお雛様で棚は、もういっぱいです。

お雛様を作っても飾れないので今年は、作るの止めとこかな?

では・・・・ばいばいき~ん(ピーちゃんこパパが言ってます)

今日も見に来てくれてありがとうございます。
スポンサーサイト

お雛様を折りましょう

明日は雛祭りです。
道の駅でショッピングをしていたら、お雛様のコーナーがあって、お雛様の折り紙を教えていただきました。
鶴が折れたならこのお雛様も作れます。説明不足でしょうが、一緒に折りませんか。
058.jpg
034.jpg
① 折り紙を三角に折る。鶴の初めと同じです。

035.jpg
② もう半分に折る。

036.jpg
③ 開いて四角にする。

037.jpg
④ ここまで鶴の折り方です。

038.jpg
⑤ 開く

039.jpg
⑥ 写真をみて折り目に沿って切る。

040.jpg
⑦ 折り目通りに折る

041.jpg
⑧ たたむ

042.jpg
⑨ 開かない方に写真のように折り目を付ける。

043.jpg
⑩ 折り目に沿って折りなおす

044.jpg
⑪ ⑩を折るとこのようになる。

045.jpg
⑫ 割れ目のない面を上にする。

046.jpg
⑬ 折れるところまで開いて折る。

047.jpg
⑭左右の部分を写真のように折る。  

048.jpg
⑮ ここから雌雛になります。裏にある三角の部分が頭になるので、その頭を出す部分を三角に切る。

049.jpg
⑯ ⑮の切り口に後ろにある三角の部分を通して出す。

050.jpg
⑰ 後方に返して下の部分と重ねてセロテープかのりで固定する。
051.jpg
⑱ 左右の部分を中央で合せて固定する。これで雌雛の出来上がり


052.jpg
⑲ 雄雛をつくります。⑬と同じです。

053.jpg
⑳ ⑭と同じです。

055.jpg
21 かなり見辛いですが雌雛の時は三角に切り口がありましたが、ここでは、横一文字に切り後ろの頭を出せる程度に切る

056.jpg
22 後方で上下を合せて固定する

057.jpg
23 左右を写真のように中央の部分の中に納めて出来上がり

五段飾りのお雛様

憧れの五段飾りのお雛様が出来ました。これなら狭い我が家にも飾れます。

20140124-1.jpg

20140124-7.jpg

20140124-6.jpg

20140124-2.jpg

20140124-5.jpg

うさぎ国のお雛様

うさぎ国のお雛様は菱餅の代わりににんじんが祭られました。
20140122-1.jpg
金屏風も手作りですよ。少し工夫が必要でしたがなんとかなりました。

我が家のお雛様コレクション

私は雛人形が大好きです。いつのまにかお雛様が棚いっぱいになってしまいました。
20140119-10.jpg
昨年作ったお雛様。折り紙キットで作り方を参照して、色々小物を工夫してみました。屏風はカレンダーを厚紙に張りつけました。ぼんぼりも手作りです。中央の冠は、金紙、ビーズ、スパンコール等で、菱餅は粘土です。

20140119-3.jpg
下の六角柱の箱に収納できるようにしました。

20140119-8.jpg
今年折り紙の本を参照して、厚紙を金屏風に見たてて貼り付けて、何処にでも置けるようにしました。

20140119-5.jpg
我が家で一番古いお雛様です。九州のお土産らしいのですが・・・

20140119-7.jpg
家の近くで見つけました。帯をばらして作られているとか。

20190119-9.jpg
竹細工です。福井県へ旅行した際に見つけました。

20140119-6.jpg
ガラス細工です。これは、湯布院で見つけました。冠とお菓子は作りました。

どのお雛様がいいですか?コメントお待ちしています。

プロフィール

ピーちゃんこ

Author:ピーちゃんこ
FC2ブログへようこそ!初めてブログを作成しました。わくわくどきどきしています。私の粘土細工はいろんな材料を使いますので、粘土細工とは言えないかもしれません。ですが、どうか私のブログに遊びに来てくださったら、コメントくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR