06
7
8
16
24
25
26
27
28
29
30
   

感謝をこめてプレゼント

この頃、立雛に没頭しています。掃除もせず、部屋は、和紙を広げまくってます。晩御飯の用意だって適当になり。。。
もう、楽しくて仕方ないんです。そして、飾りきれないほどお雛様が出来ました。
今年は、幸せすぎる年でした。娘の結婚、ハワイ旅行、孫の誕生。こんなに盛り沢山の幸せで良いのかな?^^
そして、ブロ友様には、温かいコメントやプレゼントを頂き、本当に感謝しています。その気持ちを形にしたくて、今回5名様にプレゼントしたくなりました。私の手作りなので出来不出来もありますが、その辺は、勘弁してね。
では、紹介します。

① 最初に作り始めたタイプ・・・色紙に貼りつけお雛様
151209-1.jpg
小さな色紙にお雛様をくっつけたお雛様。。。京都のお土産その物です。多少アレンジしています。
何処にでも飾れる優れ物です。意外と人気あります。これを2名様にプレゼント。

② フラヒラっと危なっかしい自立雛様
151209-2.jpg
人形ケースとかあれば大丈夫です。直ぐ転びますが、本格派です。だって、屏風とボンボリが付いて、収納箱もついて来るよ。お雛様の後ろ姿も見れますよ。
2名様にプレゼント

③ 良いとこどりの最新のお雛様
151209-3.jpg

実は、箱の材料も、色紙も使ってしまって、僅かに残った厚紙を利用しました。でも、案外可愛いでしょう。ボンボリを側に置いたら立体的になって、転ばない素敵なお雛様になりました。ですが、材料が無いのでこれは1名様にプレゼント。

どれが良いですか?お好きなのを選んで応募してね。何でも良いよって方。。。助かります。鍵コメでお願いします。(誰も要らないって事になると寂しいな。。。)
もし、予定人数を超えましたら、私の一存で決めさせてね。漏れた方、その時は、ごめんなさい。
12月15日までに応募してください。当選された方には、こちらからご住所とお名前を伺いますので鍵コメでお知らせください。
宜しくお願いします。
年末までに届けたいと思います。私の幸せな気分のお裾分けにご協力してください。
待ってます。。。。。❤

12月11日。
応募頂いてありがとうございます。
出来るだけ、皆様のご要望にお応えしたいと思います。
②の自立雛が人気ないかも・・・?だったら、③の最新型に取り付ける事も出来るので③がお好きな方、まだ余裕ありますよ。
そして、男性の方もどうぞ応募してくださいね。奥様や娘さんにプゼントされれはどうでしょうか?
初めて私のブログへ遊びに来てくださった方も大いに歓迎します。
スポンサーサイト

フラフラ~・・・自立した立雛

色紙に立雛を貼り付けて楽しんでましたが、ふと、自立したお雛様を見ているうちにまた、新たなアイデアが浮かんで来ましたよ。
同じ物を作り続けるのが苦手な飽き症な私です。
151207-1.jpg
これ何~だ。
写真じゃ上手く説明出来ないのです。
これは、私が作った箱です。
そして、その中身は・・・・。

151207-2.jpg
全部、私の手づkりです。
並べてみますと。。。。

151207-3.jpg
屏風、ボンボリ、お雛様、箱・・・・全部作りました。
箱作りがまた面白い。夢中になりましたよ。
いつか、そのうちに、いや、明日にでも作り方を乗せようかな。
定規を出来るだけ使わないズボラな方法ですよ。^^

151207-4.jpg
上から見ても、自立してるでしょう。^^
ただし、無風状態での事。皆軽いので、直ぐ倒れるのよ。
人形ケースに入れたら大丈夫。。。おやおや、我が家のサイドボードは、人形でいっぱいよ。
何とか、押し込んで、・・・まるで通勤列車のようですぞ。^^

151207-5.jpg
これなら、風が吹いても大丈夫。場所も選ばないし。。。。。色紙の大きさも葉書程度ですよ。
どちらがお好きですか?・・・・そこのあなた。^^

私は、今、不安定な自立雛が面白くて作ってる最中ですよ。

では、また。^^/

立雛が完成したよ。

京都のお土産に買ったお雛様をじっくり観察して作りました。
ちゃんとヒントを頂いたので完成しましたよ。色々手を入れて自分なりに工夫したんだよ。
どうした事か、今日は、お雛様が作りたくて仕方なかったのよ。リビングは、和紙で埋め尽くされて、思うような和紙を探すだけでも迷ってしまいます。

灯りを点けましょ、ボンボリにお花を上げましょ桃の花・・・・♪
歌いながら作ってます。気分は、春なのです。だって、冬は、嫌いだもん。。。。
私が作ったお雛様は、ちょっと太め。。。。コロンとしてます。
雌雛のおすべらかしが難しくて苦労しましたよ。十二単にどんな色が合うのか分かんない。
何だか手持無沙汰なので小物も用意しましたよ。
左下のウサギは、うさぎ国の粘土細工に因んでちょっとアクセントにしました。
この立雛は、ちゃんと自立するのですが、色紙にセッティングしました。
151202-1.jpg
種も仕掛けも無いよ。ちゃんと自立してるので自分で作って感動しました。

151202-2.jpg
どうかな?雌雛の髪型も良いでしょう。
自己満足しています。^^

151202-3.jpg
色紙に収まったらこうなりましたよ。楽しかった。^^

目がクシャクシャしてもう気力が無くなりそうです。
また今度、違った物に
挑戦しますね。

では、今夜も早めにお休みなさい。zzzzz^^

綿棒人形の作り方3

今回で綿棒人形(舞妓さん)の作り方が終わります。長い説明を見て頂いてありがとうございます。

326-25.jpg
① 着物の下の部分を作ります。表と裏共に同じ大きさです。和紙のサイズとしては、横は、人形の胴体を1周半+1㎝、縦は帯を付ける位置から裾より3㎝程余分に大き目に切ってください。ちなみに、私の場合は、9×7.5㎝ぐらいでした。

326-26.jpg
② 表地は、横長に置き、両サイドを5㎜程折り、次に、裾を5㎜程折ります。裏地は折る順番が違って、裾の部分を先に折り、後で、左右を折る。この時、注意する事は、表と裏地を貼り合わせるので、同じ大きさになるようにしてください。

326-27.jpg
③ 裏と表の和紙は、折り込んだ部分をかみ合わせるように、挟んで、全面をのりをつけて、張り合わせる。

326-28.jpg
④ 裾除けを別の紙で巻く。綿棒が隠れる長さです。

326-29.jpg
裾除けを巻き終わったら、こんな感じです。

326-30.jpg
⑤ ③で作った着物の下の部分を着せる。下の部分は裾(下の方)をきつく巻く。逆三角すいのイメージで。上と下が同じ感じで巻くとなんだか、締りがない。ウエストの部分が多少太くても裾の部分を締めた方が良い。上の方でテープで固定し、ずれないようにする。

326-31.jpg
⑥ 裾を開いて形を整えて、テープで固定する。

326-32.jpg
後ろは、こんな感じです。

326-33.jpg
⑨ 人形の裾からワイヤーが出てると思いますが、背丈を考えて、バランスの良いところで、ワイヤーを後ろへ、90度まげてください。

326-34.jpg
⑩ 台になる厚紙に先程のワイヤーをテープで固定する。

326-35.jpg
⑪ 台にかぶせる紙の中央まで切り込みを入れて、のりを全面に塗り、台を包んで、ワイヤーをさらに固定する。

326-36.jpg
⑫ 黒い和紙の上に帯の和紙を貼り、帯を作り、後ろに繋ぎ目がくるように巻く。

326-37.jpg
⑬後ろに付ける帯をつくる。長さは好みです。私は出来上がりのサイズが11x1.5Cmでした。

326-38.jpg
⑭ 袖をつくります。人形の腕の長さにのりしろ1㎝を足した長さ、丈も好みですが、前と後ろの部分を考えて2倍にのりしろを1㎝を足したおおきさです。用意できましたら、袖の和紙に障子紙を全面に貼り補強する。

326-39.jpg
⑮ 写真のように片方は円く、そしてもう片方はまっすぐに折る。丸みはピンセットを使って少しずつ折る。

3281.jpg

3282.jpg
袖の角ばっている部分を拡大したものです。

326-40.jpg
⑯ 袖から見える中の袖を写真のように用意する。

326-41.jpg
⑰ のりで固定する。

326-42.jpg
⑱腕が通る部分はのりを付けないで、のりしろにのりを付けて。写真のように半分に折り、洗濯ばさみで乾くまで、挟む。

326-43.jpg
⑲ ⑱でできた袖を通してのり付けし、固定する。

326-44.jpg
⑳ ⑬で作った帯を後ろに付ける。こりが乾けば、舞妓さんにポーズをつけたり、扇子など持たせてください。

326-45.jpg

どうですか?上手くできましたでしょうか?私はポーズがワンパターンです。(犬の卒倒)・・・(笑)






綿棒人形(舞妓さん)の作り方2ー土台

舞妓さんの頭が出来ましたか? さて、いよいよ人形の骨組みを作って行きましょう。

材料  
着物の表地にする和紙(折り紙サイズ1枚)、着物の裏地にする和紙(折り紙サイズ1枚)、裾除けにする和紙、ティッシュ、ワイヤー2種類、厚紙、帯にする和紙、のり、木工用ボンド、不織布タイプのサージカルテープ(医療用補助テープ)はさみ、ピンセット、等

326-1.jpg
① 人形の腕をつくります。綿棒とほぼ同じ長さにワイヤーを切り、ティッシュを巻いて、のりで解けないように止める。ワイヤーは、硬すぎない物を選び、強度に合せてワイヤーを重ねる。私は花などを作る時のを使いました。

326-2.jpg
② 前回で作った綿棒人形の頭に①のワイヤーを白糸で括り固定します。この時、①のワイヤーは綿棒の後ろに付ける。また、位置は、頭のすぐ下でいいと思います。首を意識して下に付けると顔が長く見えるので注意してね。

326-4.jpg
③ ②の上にティッシュを細長く割いて斜めに巻く。

326-5.jpg
④ しっかりしたワイヤーを二つ折りにして綿棒の胴体に付ける。ワイヤーの長さは綿棒より2Cm程長めにします。
これが、人形を立たせる時のスタンドになります。ワイヤーは糸をぐるぐる巻きに巻いてしっかりと固定します。

326-6.jpg
⑤ 胴体はティッシュを巻いて医療用補助テープで巻いて固定する。この時、硬くしっかり巻く。緩いと着物が着せ難いですよ。医療用補助テープはテープの上にのり付けしてもOKかなと思って選びました。紙テープでもいいですよ。テープの表面がざらざらしていて、のりが付け易い物を使ってください。

326-7.jpg
⑥ 中側の襟を作ります。着物の裏と同じ和紙をつかいます。3×8㎝ぐらいの和紙を半分に折る。

326-8.jpg
⑦ 写真のようにT字に切る。

326-9.jpg
⑧ 襟を人形に付けます。襟の真ん中の縦の部分をテープで固定します。襟は少し頭から放して付けます。ここがポイントです。あまり襟をすかさないと、詰まった感じがして、しんどそうです。

326-10.jpg
⑨ 写真のように体に沿わせてテープで固定します。

326-11.jpg
⑩ もうひとつもテープで固定します。

326-12.jpg
後ろから見るとこんな感じです。襟の後ろをピンセットで後ろに倒すようにひっぱる。

326-13.jpg
326-14.jpg
う~ん・・・本物の和紙人形です。参考にしてください。

326-15.jpg
⑪ 着物の上部を作ります。8×4㎝の着物の表地に、補強のため、裏に障子紙を貼る。写真のように縦に真ん中より、切りぬく。写真の真ん中の円く切っている部分は2~3㎜大きくくり抜いています。

326-16.jpg
⑫ ⑩で付けた襟に沿わせて後ろの位置を決める。テープで後ろを固定する。

326-17.jpg
⑬ 着物を襟に沿わせて着せて、テープで固定する。

326-18.jpg

326-19.jpg
⑭ 写真のように脇に切れ目を入れる。

326-20.jpg
⑮ 両脇を胴体に沿わせてテープで固定する。

326-21.jpg
⑰ 中襟と同じ大きさで、写真のような形に切る。和紙は半分に折っています。

326-22.jpg
⑱ 襟にのりを付けて、中襟に沿わせて付ける。なかなか難しいのでゆっくりと。

326-23.jpg
⑲ 中と外の襟を沿わせてピンセットで形を整える。


説明が長くなってしまいました。今日のところはこの辺でおわります。
また次回をお楽しみにしてください。







プロフィール

ピーちゃんこ

Author:ピーちゃんこ
FC2ブログへようこそ!初めてブログを作成しました。わくわくどきどきしています。私の粘土細工はいろんな材料を使いますので、粘土細工とは言えないかもしれません。ですが、どうか私のブログに遊びに来てくださったら、コメントくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR