07
10
20
21
29
30
31
   

もんもんと。。。

日曜日の朝は、インコ達皆…元気だったんです。
あの日は、あーちゃんの2歳のお誕生会を家ですることに。
狭いリビングにインコと人間が集結してるのですからクーラーをつけて当たり前なんです。
ですがそれがピーヒョロには、辛かったようです。夕方気が付くとピーヒョロは、羽を膨らませて丸くなって動かないのです。
日曜日なので病院もないのでひとまず、クーラーを消して毛布を鳥籠にかけて様子を診る事にしました。
月曜日になってもピーヒョロは、ウツラウツラ眠るだけです。
ピーヒョロを心配してるのは、私達だけでなかったんです。喧嘩友達の水色インコのピーちゃんがそばに寄り添い、大丈夫かって様子を診てました。
取りあえず、ヒピーヒョローヒョロを雛の時に使ってた飼育箱に移して主人が帰るまで様子を診てました。病院に連れて行くには、やっぱり車でないとインコの体力を消耗させてしまうので。。。。情けないけど待つ。
夕方、主人に動物病院へ連れて行って貰いました。
先生に昨日からの様子をお伝えして診てもらいました。
やっぱり、お腹を壊して体力を奪われたとの事でした。癌では、無かったようです。それでも危険な状態には、違いないんです。
嘴から水薬を1滴飲ませ、餌に栄養剤を混ぜて与えてくださいとのことでした。
この状態が3日も続くと危ないんだそうです。もう心配で悶々としてました。
今朝の様子は、昨日と大して変わらないんです。むしろ弱った気がしました。
餌と水も敷物も代えて・・・・・。思いつく事がほかにないか必死で考えました。
人間がお腹を壊したらどうする・・・?
まずは、薬を飲んで食事は、消化の良い物を食べるですよね。
インコの場合、お腹の薬を飲ませましたが消化の良い食べ物が分かりません。
もう一度、良く考えました。
そうだ、!!おかあちゃんが砂糖と片栗粉を熱湯を注いで練って食べさせてくれたっけ。
即、血液に運ばれる栄養は、ブドウ糖ですよね。
ピーヒョロに40℃くらいの湯にブドウ糖を溶かして飲ませました。
2時間後、元気を取り戻しつつあります。
なかなか食べれない状態なので3時間おきくらいにブドウ糖を飲ませる事にしました。
今では、ゴソゴソ・・・飼育箱の中を散歩する程度にまで回復しました。
ピーパパのような悲しい出来事を思い出しながら私も必死に看病してます。

では、またね。
ピーヒョロ、ごめんな。元気になってや。。。。
スポンサーサイト

プロフィール

ピーちゃんこ

Author:ピーちゃんこ
FC2ブログへようこそ!初めてブログを作成しました。わくわくどきどきしています。私の粘土細工はいろんな材料を使いますので、粘土細工とは言えないかもしれません。ですが、どうか私のブログに遊びに来てくださったら、コメントくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR