07
10
20
21
29
30
31
   

動物病院

今回動物病院のレベルの差をマジマジと見せつけられました。
もともと鳥の専門の動物病院は珍しくなかなかないのですが、犬猫病院のなかでも鳥も診ますと言う病院は、増えてきてるようです。
ピーヒョロは、初めピーパパを診てもらった病院へ行きました。すると下痢してるので整腸剤と栄養剤を処方されました。
それで治る物と信じてました。そして飼い主が諦めるとピーヒョロも最後を迎えるといわれて必死に看病しました。
元気になると信じ切っておりましたから毎日が勝負でした。
ですが、これでは、治らないと思って近所の方に教えて貰った病院へ行ってみたんです。
すると、見るなり、下痢ではなく、それは、おしっこだと言われました。
もうそんなに食べてないのでそんなに度々便が出るはずもないんですよね。
緑色のおしっこは、かなり危険で肝臓、腎臓がやられているよって言われました。
そのう液の検査もしました。
その結果、多量の菌があってもしかしたら生まれつきカビが胃などに住み着いてる可能性もあるとの事でした。今は、おしっこしかでてないので便の検査はできないんだそうですが・・・。
そのカビとは、人間で言うとピロリ菌のような存在だそうです。日常生活のカビとは違う物だそうです。
まずは、そんな診断が出ました。
やせ細ったピーヒョロは、体重が30gしかありません。
そして多量の菌に感染してるので抗生物質と肝機能を改善する点滴を背中にしてくれました。
入院したらこの点滴を1日3回出来ますといわれたんですが・・・・。
私は、財布との相談もあってその日は、連れ帰りました。
先生の見立ては、ずばり的中しました。
車にゆられ15分ほどで帰宅しました。そしてご近所の方が話しかけてくるので部屋にもはいれず・・・結局30分ほど経過した時の事。。。。。
あんなに弱ってたピーヒョロが餌を食べ始めました。
餌は、足元にばら撒きピーヒョロが足に触れた時食べるんだそうです。
ポツポツと食べる姿をみて嬉しくてたまりません。
それから餌についてもこんな事がありました。
剥き餌は、栄養価が無いので皮つきの物と栄養剤を混ぜたものを与えるかペレットが良いんだそうです。人工餌は、完全栄養食なので食べるのならそれが良いんだそうです。
それから、理由は忘れましたがカナリヤシードは、良くないと言われました。健康な鳥にはどうか分かりませんが。。。。
私達、餌の選び方が間違ってたようです。
それにしても凄い、餌を食べ続けるピーヒョロを診てると涙が出てきます。
もっと元気になれるのなら今日、入院させても良いかもと思います。
入院費、1泊1万円なり・・・・・。
私って悪い飼い主なのでしょうか?ちょっと財布の中身が心配になってきました。
でもやっぱり助かるのなら入院させないとね。
今回の治療費と前の先生の治療費は、ほぼ同額でした。前の病院では、点滴もないのに何であんなに高かったんだろうと疑問が湧いてくる。。。。
今日も午前中にピーヒョロは、診察があるので連れて行きます。

今通ってる動物病院は、鳥専門の先生がいらして遠くから通院される方も多いのでビックリです。
酸素室も完備されていてピーヒョロは、そこで診察を待っているのです。
凄いでしょう。
この病院でたとえ命を喪ったとしても後悔せずに済みます。
ピーパパのそばへ逝くのは、まだまだ先の話でありますように。。。

では、また。
スポンサーサイト

プロフィール

ピーちゃんこ

Author:ピーちゃんこ
FC2ブログへようこそ!初めてブログを作成しました。わくわくどきどきしています。私の粘土細工はいろんな材料を使いますので、粘土細工とは言えないかもしれません。ですが、どうか私のブログに遊びに来てくださったら、コメントくださいね。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR